TOP>猫日記>怪獣日記2012.@

*@・目次*
71. 謹賀新年72. 縁起73. 気にするお年頃74. 新しいお友達75. 隙あり!76. まだ遊ぶの
77. 唯我独猫(ゆいがどくにゃん)78. 怪獣はアピール好き79. 今年の初被害80. 節分なので


肉球アイコン71:01.01.(日) 謹賀新年


 明けましておめでとうございます。
今年のお飾り今年のお飾り2
 今年も無事明けました! 良かったよかった。

 昨年は世界規模で色々有ったけど、少しでも良い方向に向かって欲しいですね。
 辰年は景気の良い年らしいので、ちょっとは期待して良いのかな。
 とりあえず前向きに、でも無理せずぼちぼち参りましょう。

 さて年末の用事もいつものようにギリギリで終わり、怪獣を膝抱っこしてゆったりと迎えた年明けだというのに。
 怪獣ってば日付が変わった途端、ガバッと身を起こすや人の腕をがっしと捕まえ、速射砲のような噛み噛み&キック攻撃。

 な、何なの一体?!
 夜食の催促にしてはハード過ぎないか?

 コイツは今年も、おとなしくなんてするつもりは無いようです。



頁トップに戻る


肉球アイコン72:01.02.(月) 縁起


 恒例、星さん@恵さんと初詣&Mりん宅で新年会。
 去年は良い仕事に恵まれたので、詣で先にきちんとお礼のお参りをせねばならない。年末にちょっとしたミスで残高が悲しくなったので、物品のお礼はできないけれど。

 それでちょっと凹み気味だったのだが、烏丸に向かう途中の阪急電車で桂川を渡る時、とても綺麗で大きな虹が出ていた。

 わあ。すごい、綺麗〜。
 そういや虹って中国では竜の一種(正確には眷属)だよね。確かあのアーチは水を飲みに来た姿のはず……あらあ、ちゃんと川に来てるし。

 辰年の初めに虹。ちゃんと龍神様が来てる。
 こらぁめっさ縁起が良いね!!

 それだけで、なんかぱあっと気持ちが明るくなった。
 この程度の凹みなら大丈夫大丈夫! よっしゃ、前向きに行こう!

 そして新年会を経て帰宅すると、やっぱり怪獣が不機嫌。
 実は母から譲ってもらったセーターを着てから、ずっと匂いを嗅ぎ続けられているのだが、さらにしつこく嗅いでいる……

 うん、そうね。あんたの知らない匂いが一杯だね。でも今日は犬猫の匂いは付いてないハズだよ?
 それでも文句を言われるので、年末のようにさっさと入浴することにする。

 多分、あと数回来て洗ってしたら、セーターも私の匂いになって、文句を言わなくなるとは思うのだが。
 せっかく縁起物(虹)を見たのに、縁起物(猫)に凄まれる今年って……(^^;)



頁トップに戻る


肉球アイコン73:01.05.(木) 気にするお年頃


 朝、布団を片付けようとしたが、怪獣が動かない。
 うーん、枕元位置にストーブがあるからなあ。温くて動きたくないんだろうな。
 でも敷きっぱにするわけにもいかない。別に病気でも遅刻でもないんだから。

必死にお手入れ そこで怪獣の嫌がることをしてやろうと(←意地悪)音を立てて、匂いを嗅いでやった。
 怪獣、人の匂いはめっさしつこく失礼に嗅ぎに来るクセに、自分が嗅がれるのは大嫌い(笑)
 それで、匂いを嗅いでやると大概「なにするのー?」と言いたげに逃げていく。

 しかし今日の反応は違った。
 嫌がってはいるが逃げず、人に嗅がれた辺りをせっせとお手入れし始めた。
 おやあ?
 試しにもう一回、あちこち嗅いでみる。
 逐一手入れする。

 どうやら「綺麗だもん」というアピールらしい。
 うーむ、姑息な。いらん知恵ばかり付くなあ……

 でも、どんだけアピールしてもダメ。
 怪獣を専用席(バスタオル)にスライドさせ、布団は無事押し入れに収納されたのだった。



頁トップに戻る


肉球アイコン74:01.07.(土) 新しいお友達


橙子ちゃんと一緒 怪獣に新しいお友達ができた。双子のネズミ(のおもちゃ)、橙子(とうこ)ちゃんと青子(せいこ)ちゃん。

 橙子ちゃんの方がややお気に入りの様子だが、どちらが相手でもすごいテンションで遊ぶ。
 久しぶりのお友達と、家中をかっ飛ぶ怪獣。その勢いたるや、ストーブに突っ込みそうなぐらいだ。ヤツは考えなしな上周りが目に入らないタイプなので、いつか本当に突っ込みそうで怖い。

過剰要求する怪獣 しかも何故か人が布団を敷いてから、勢い込んで遊ぶ。
 丁度ヤツら的にテンションの上がる時間帯なんだろうか。おかげでせっかく綺麗に敷いたシーツがぐちゃぐちゃだ。

 そしてお腹をすかせた怪獣は、今夜も過剰要求をしている……



頁トップに戻る


肉球アイコン75:01.09.(月) 隙あり!


納豆大好き ちょっと目を離した隙に、怪獣が夕食の納豆の空容器を奪取し、喜んで舐めまくっている。
 あー、タレついてるのに〜。でも今日は辛子が入ってないからまだマシか。
 食べる前にちゃんと、怪獣にもやったのに。足りなかったのか。

 いや、足りてても来るよね、オマエは……
 最近いつもにも増してお腹をすかせてるのは、一生懸命遊んでるからかな。
 間違っても余分なペットを飼っていませんように。



頁トップに戻る


肉球アイコン76:01.10.(火) まだ遊ぶの


 橙子ちゃん青子ちゃんがお気に入りになった怪獣、毎日えらい勢いで遊んでいる。
 勢い余って家具下にストライクをかましてしまうトコロは甚八(じんぱち)君の時と一緒。今日も本棚の下、二人を捜索中。

必死

 それはいいけどね、なんで人が布団敷き始めてから捜索開始するのかな……?
 朝、片付けるときにすりゃ良いじゃん。

お願い 夜は寝るんだよ、怪獣。
 少なくともおかーさんは眠りたいんだよ。
 明日一緒に探してあげるから、今夜はもう寝なさいね?



頁トップに戻る


肉球アイコン77:01.14.(土) 唯我独猫(ゆいがどくにゃん)


 飲み会とかで猫好きの人と知り合い、この日記のことを話すとタイトルとかURLを訊かれる(まあ社交辞令としても)。
 でもうちのサイトはコンテンツが猫日記だけじゃないので、『幻象地平』の方を答えると、ちょっと説明が難しい。

 帰宅してから『怪獣日記』で検索出来るか、ちょっと調べてみた。
 すると出るわ出るわ……よそのブログが(爆)。
 大概子育て日記か猫日記。 ああ、「どこの子もー……(苦笑)」って感じ。ウチはブログじゃないから、こういう場合、ちょっと弱い。
 で、思いついて「怪獣」「暴君(猫)竜ティカノサウルス」で検索したら。
 「怪獣」だと特撮が出ちゃうけど、  出ましたよ!「ティカノサウルス」で!
 怪獣ティカにゃんの写真がちゃんと!!

 因みに検索時、「それは『暴君ネ竜ティノサウルス』ではありませんか?」とトピックで訊かれたが、違います。
 私、そんな恐竜知らなかったもーん。

悦に入る怪獣 怪獣のは『暴君竜ティラノサウルス・レックスをもじっただけ。 だから昔の日記で「正式には『暴君(猫)竜ティカノサウルス・レジーナ(=「女王様」。女の子だからね)』」だって言ってるでしょー?

 これにより、怪獣は『唯一無二のティカノサウルス』である事が認定されました!
 すごいねえ、世界に一匹だけだよ。
 天にも地にも、ただ一人のティカにゃんだよ!

 でも、だからって唯我独猫(ゆいがどくにゃん)にはならないでね……



頁トップに戻る


肉球アイコン78:01.17.(火) 怪獣はアピール好き


もっと欲しいらしい 買い物から戻ったら、廊下にカリカリの空き袋。
 ああ……昨日給料日だったから、怪獣にも良い方のカリカリ出したっけ。 気に入ったとみえる。
 ……そしてもっと欲しいんだな?
 でもそれは、おかーさんのプレモルとかエビスと一緒だから、そうそうは出ないよ。
 おとなしく次の給料日まで待ちなさい。

 でもアンタが招き猫になって、もっといっぱい仕事招いてくれたら出せるかもね?(←ちょっと期待……無理だろうけど ^^;)


頁トップに戻る


肉球アイコン79:01.24.(火) 今年の初被害


怪獣の被害者 今年から在宅になったのと、怪獣の邪魔を避けて、ここしばらく図書館に籠って仕事をしていた。
 するとどうも構って衝動に駆られたのか、怪獣が本棚の棚を渡り歩いて載ってるものを落としまくる。
 あああ、せっかく箪笥から避難させたのに意味ねーやん。一応割れモノは、低い段には置いてるけれど。
 そして捕獲せねばと思った矢先、ガシャンという不吉な音が。

 見ると、ハロウィンモードのスノードームが落ちて割れていた。
 あー……
 そりゃまあ百均商品だけどさ。中の黒猫が可愛くて気に入ってたのに。
 それより中身の液が広がってる場所って、お気に入りの画集が立ってるとこやん!!


 慌てて辺りにトイレットペーパーを詰め込んで吸水。明日まで置いとけば何とかなるだろう。飛び散ったキラキラも明日掃除だな……

 そんなわけで本日の怪獣は夜食抜き。








頁トップに戻る


肉球アイコン80:02.03.(金) 節分なので


 今年も恵方巻きを食べて豆撒きをした。
 去年までは怪獣が、撒くたび豆を追いかけて大騒ぎしていたので今年も期待して撒いたのに、怪獣ったら反応なし。

 ……あれ? なんで?
 いきなり大人になったわけでもあるまいに。
 飽きたのかなあ。それとも気分じゃなかった? どっちにしろ、私はつまらない。ちぇ。
 そのくせ怪獣、もう遅い時間の今になってから、拾い忘れた豆に興味を示している。
 とりあえず小さくて丸いから?

気になるの

 しかし人の膝に乗ったままじゃれるのって、エラく無精でないかい……?


頁トップに戻る